fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

ご趣味は?


昨夜は久しぶりに夜の円山夜想へ。

ライブでも円山海月の収録でもなくただくつろぎに行ったのは結構久しぶりであった。

金曜の夜だからか、カウンターはちょうど一人分を残して埋まった状態だったんで、空いているそこに腰を落ち着かせる。
隣に若いお嬢さんのふたり連れがいて、この子らがなんだかチャキチャキしていてまったく人見知りしないせいで、カウンターのそれぞれを繋げて話が回る。面白い子らだったな。

で、本題はその子らが帰ってから。

オレが来る前から座っていた男性と、その元気なお嬢さんたちが帰った後にやってきた男性が隣同士で座っておりまして。

初対面のこの二人、奇遇にもお互いにプロレスマニアだったらしく、そっち方面の話で意気投合。
それからしばらくして、お互いに草野球もやってるってことでさらに話が弾み、更にはそれぞれ鉄道マニア。
車両に表示されてる「クハ」とは「キハ」とかがそれぞれ何を意味してるだの、なんとか線を走ってるナントカって列車がどうしただとか、なんだかよく分からないマニアックな話に花が咲いており、意味は分からんのだが二人の楽しく盛り上がる空気だけでなんか面白い。

よくもまぁ、こんだけ好きなものが共通するなとは感心してたのよ。

でもまぁ、あれだよね、たまたま居合わせた二人が「あ、アナタもプロレス好きですか?」とかお互いに野球やってるのわかって「ぜひ試合しましょう」とかはありえるかな?と思うんだよね。そういう趣味のキャパって大きいと思うし。
ま、鉄道だって結構話題に上るくらい熱心な人はいるってのは知ってるからアリだろう。
なかなか三つがお互いに揃うのは珍しいかもしれないが、ここまでは「こーゆー事もあるんだね〜」って感じで聞いてたのさ。

それが、徐々に話がディープな方向に行きまして。

その後に出てきたのが登山だったかな? そこもまだいいよ。

その後だ。

二人とも「滝」に過度な思い入れがある事が判明…

お互いに見てきた滝の話やら、知っているスポットの話をして写真なんかを見せながら情報交換が始まり、そしてお互いに「廃墟」を見て回る趣味をお持ちだそうで…。
聞いた事のない街の聞いた事のない建物の話題で「そうそうそう!」とか言ってる。

すげぇな。

「プロレス」「野球」「鉄道」「登山」「滝」「廃墟」
これらへの愛情が共通している同世代の人間がたまたま隣り合わせになるのってどういうアレだろう?

多分、お互いに「滝」とか「廃墟」の話題で分かり合える相手なんてそうはいないだろうから嬉しかっただろうね。

二人の「そうそうそう!」を聞いててなんか涙が出そうになる。

『涙そうそう』




…………。






失礼しました。




いや、自分もさ
プロレス好きや鉄道マニアを目の前にした事はあるけど、「滝」とか「廃墟」が大好きって人を二人いっぺんに見たってのは初めてだと思うんだな。

なんでここまで揃ってるんだろう?

ま、当然のごとく二人は連絡先交換をしておった。

きっとアレだね、その内二人で珍しい路線の列車とかに載って廃墟のある街を訪れて、そこにある山を登ったところにある滝に打たれた後にキャッチボールとかヒンズースクワットとかして帰ってくるんだろう。

末長くお幸せにそうぞ







スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |