fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

誕生日の事・後編〜そしてウキウキライフ(この記事の前に前編がありますです)



はい、長くなるので2回に分けた後編です。

ひとまずは、毎年恒例で用意していただくバースデーケーキをはじめ、色々とプレゼントをいただきましてお気遣いありがとうございます。
食料、衣類、タバコ、それに金券的なもの、更には現金的なものまで。
「嬉しいです」って気持ちも確かにあるのですが、その上更に「助かります!」と声を大にして言いたいもののオンパレード。当日来れないからって、ワザワザ店に預けておいてくれてた方もいて、本当にありがたい。

来てくれてるだけでも充分ありがたいのにねぇ。

そして何より一番嬉しいのは、あの長時間を皆さん楽しんで凄してくれている事です。

本当に、ありがとうございます。

そんなライブのセットリスト

〜 セットリスト 〜

第一部
HappyBirthday!!           
恋の歌
理由はいらない            
扉            
夕暮れ流浪                        
夕立
星空                      
あの月が今夜も         
想うこと
おやすみ、君は自由だ           
胡桃の日(さだまさし・カバー/with my&Jennie)
夢の場所で(with my&Jennie)

第二部
ラヴソングが歌えない
孤独の雨
楽な気分で
会いにゆくよ
三日月のかんざし
ソファー
素敵な君の歌
自画自賛
座右の銘
心の壁、愛の歌
さすらう

~アンコール~
人生の折々に
ウキウキライフ(with my&Jennie/宗形修)


という
全25曲
歌いまくりめくりまくしたてました。

時系列でトピックをいくつか紹介しますと、まずは第一部のマイジェニと一緒にやった、さだまさしのカバー。
これ、もともとも「さだまさし」で多くの人がイメージするような曲調ではないんだけどね。1976年に発表されたファースト・ソロアルバムの収録曲。
当初マイジェニと何かカバーやろうって話で、U2をやろうかって話から始まったんだけどさ。それで選曲途中でふと閃きまして。
少なくとも、もう20年かそれ以上は自分の記憶から消えていたこの曲を「あっ」って思い出した時には「よくぞ思い出した」と自分で自分を崇めてみたくなった。
さだまさしさん本人のライブでは超絶マリンバ奏者・宅間久善氏の見せ場となる曲。多分、今でもそうだろう。
踊り狂うようにしてマリンバを早弾き(「早打ち」の方がふさわしいか?)してみせるかなりエキサイティングがYouTubeでも見れるよ。
コレを高橋麻衣子のピアノとジェニー藤田のカホンで頑張っていただこうと(笑)。彼女らの演奏のいいところを聴きたかったし、一緒にソレをやりたかったのね。ふさわしい題材としてこの曲を思い出せた自分が素晴らしい(笑)。


さて、一部と二部の間にはMy&Jennieのオリジナルの演奏も披露していただきまして、恒例のバースデーケーキを来場者及び関係者で等分する儀式(笑)。
えと、照れくさいのもあって毎年全部自分で仕切ってたのね。自分でケーキ運んで「ハッピバースデートゥーミ〜」とか歌って、勝手にロウソク吹き消して…
今年は仕込まれまして、彼女らの演奏が終わったらそのままハッピーバースデーの演奏で皆さんが歌ってくれて、ケーキが出て来て、ロウソク消したらクラッカーが鳴らされまして。

やっぱり照れるね。ありがとうございます。

そして人数分にケーキを等分したら、一人一口ずつみたいな感じなんだけど、僕はこれが嬉しいのね。
「今、あるものをみんなで分けて、みんなで楽しい」ってのはこの世で大事な事のひとつだと思ってる。お祝いを象徴する物を分けるというのは多分、ず〜っと昔から大切な事だったような気がする。


そして、休憩時間を利用して予め記入してもらった質問にお答え。
いや、最初からシャレのつもりなんであんまり真面目に答えてないんだけど。ってか、もうなんて答えたかもあんまり覚えてなかったりするけど。
それでも、なんだろ? 音楽に関する質問については真剣に答えを考えてた自分がいたな。実は未だに「いや、こう答えた方がよかったかな?」とか思ったりして。

んで、質問って内容見ないでシャッフルして取り出しては読み上げて答えてたんだけどさ。
丁度いい感じに、最後の質問で「これまで作った曲で恥ずかしくて歌えない曲を歌ってみて」的なのが出て来て、正直恥知らずな男なので、あんまりないんだけど、その時にふと「そーいえば」と思い出したハタチくらいの時に書いた「ラヴソングが歌えない」という曲をおぼろげながら披露して、第二部のスタートに流れたというのが、自分的にはスムーズに入れていい感じだったなと。おかげで一曲予定より増えたけど。

そして第二部から続けて予定調和のアンコール(笑)。
最後はマイジェニとマスター・ムネちゃんも呼び込んで「ウキウキライフ」。

終わってみたら12時過ぎてた…

やっぱり終電に間に合わない方が最後まで見れず。

終電までに終了する為の30分早いスタートだったんだが、結果今までで最長の約4時間。
作戦は失敗(笑)

終わってからムネちゃんと相談しましたよ。次回はもっとトークを削ろうって(笑)。
こんだけやってて「曲を減らそう」と言わない彼もスゴイし、ありがたいな。

でも実は長くやったおかげでね、仕事が立て込んで0時過ぎやって来た強者が一人おりまして(笑)。最後の一曲だけ聴いていただけて何より。
でも、あの時間に「まだやってるかも」と思って来るほうも来るほうだが、本当にやってるほうもアレだよな(笑)

さらにその最後の曲をやってる時に、ライブ目当てではなく以前から店が気になってたとうお客様がいらっしゃってね。CDを買っていただいた。
ありがたや。

そんなこんなで、感謝の一日を終え、本日は早朝から異様に腹が減っているのでございます。



幸せ



 

スポンサーサイト



未分類 |

誕生日の事・前編〜アタフタライフ(長くなるので本日は2回に分けて更新します)



はい

昨日、無事誕生日を迎えまして、ちょっぴり大人になりました。

SNSやらメールやらで沢山の「おめでとう」をいただきましてありがとうございます。
この場を借りて(貸してるのもオレだけど。いや、FC2のサーバー借りてるんだけど)お礼を申し上げます。
ご機嫌でございます。

さて、昨日の事はバースデーライブもございましてやたらと長くなりそうな気配なので、前編、後編に分けて更新いたしますので、また後ほど後編をお届けしますね。

まぁ、なんだか知らんが昨日はアタフタしてました。
いや、基本的には余裕のある一日だったはずなんだが、これも「そろそろそういうお年頃になってきたんですよ」という警告なのか、やたらと迂闊な日。

朝から、正確には21日になった深夜から次々に寄せられるメッセージを眺めてニヤけておりまして、それでお昼にはランチタイムの定食が「ご飯お替わり自由」のところで食べようと思ってたんだけどさ。
ランチタイムが14時までなのね。

それをどっかのタイミングで「14時に家を出る」と考えちゃってたんだな。

その事に気がついたのが13時30分。
慌てて出かけまして。ギリギリ間に合ってザンギ定食で4膳ほど。その後はライブ終わるまで食べられないし、ライブ前のエナジー補給ですよ。炭水化物をチャージ。

それから、諸々の所用を足して一旦帰宅。ライブ用の準備がまだだったので。

というつもりで実は一旦ウッカリとフライアーパークに向かっておりました。ギターも持たずに(笑)

で、地下鉄に乗ってる途中でなんか考えてる事とやってる事が違うような気がして(違うんです)、よく考えてみたら途中の段取り全部すっ飛ばしている事に思い当たって、引き返して帰宅。

で、準備している時に弦を張り替えていない事に気づきまして。
まぁ、当然そっからまた時間かかるのよ。
それでシャワー浴びて、ヒゲそって、どうせステージで汗だくになるので着替えとか準備して…

そうこうしている内に時刻は早くも18時。
スタートを早めたので、入り時間もいつもより30分前倒しなワケで、もうギリギリ。

またしても慌てて出かけまして。

そして地下鉄。
僕のところから地下鉄に乗ってフライアーパークに向かうと、そのまま乗ってると降りるべき駅から先は地下鉄は地上に出るのね。
それで、途中で「ん?」と思ったのよ。
「なんか、オレ今外の景色眺めてないか?」って。

乗り過ごしてました。

なんだろ? 確かに乗ってて降りるべき駅に到着した時に、その駅だってことは確認してるんですよ。でもまったく降りるつもりがなかった自分がどういうつもりだったんだかさっぱり分からない。

アレだよね。かなり浮かれてたんだと思う。

それで、終着駅の一つ前で降りまして、引き返す。
んでサウンドチェック。いつもならステージ用の薄着に着替えて、冬の場合は靴も軽いものに履き替えてからやるんだけど、なんせ慌ててたもので、先にやる。
そしたら張り替えた弦のあまりの分を切るのを忘れてまして。ま、コレは本番前に切ろうと(結局切り忘れたまま本番に。1部と2部の間の休憩中に切ろうと思ったんだけど、結局忘れる)。

そしたら雪道でmy&Jennieの到着も遅れまして。

自分のチェックを終えて、彼女らと一緒にやる曲を合わせる段になって着替えてからやりまして、で、最後の曲はフライアーのマスター、ムネちゃんにも参加してもらう事になったのでまたその準備して合わせている間に開場時間になってまして、この時僕はいつもの帽子を被ってなくて、その状態でお客様を迎えるとなんだか女性がスッピンで人前に出ちゃった時はこんな感じなのかな? と思うような気恥ずかしさがあった。

あとちょっと細々した準備を慌ててやりながら、まったく落ち着かない気分でスタート3分前。
ちょっと押してスタートさせてもらう事に。

それでさ
今回は、前日夜にふとバカバカしいことを思いついて、なんかのアイドルのファンの集いみたいに「質問用紙」を配って、お客さんに何でもいいから質問書いてもらって答えるってのをシャレで考えてさ。なんかオッサンがこういうのやるのってバカバカしくていいじゃん。
ワザワザ質問用紙みたいのを作ったんだけど、出がけのバタバタでそっくりそのまま忘れて来てね。結局、ムネちゃんからいらなくなったチラシもらって、その裏に書いてもらったという(笑)

そういうバタバタ、あるいはボケボケの中、いよいよバースデーライブが始まりましたよ

<後編につづく>





未分類 |
| HOME |