fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

夜明け間際の吉野家では(『狼になりたい』by 中島みゆき)



おそらく働き始めて間もない、やたらと図体がでかいバイト君がカウンターの中でモタモタ動いているのを眺めながら牛丼をいただく。

まだ慣れてないのとか緊張とか疲れとかでぼーっとしてるのかもしらんけどね、動きが緩慢だ。
とか思ってたら、やっぱり先輩らしき人に注意されておる。
たいして年齢は変わらないように見えるけど、こちらは機敏に動いてらっしゃる。

なんかね、箸の補充とか、箸を入れる箱を宝石箱でも開くかのように丁重に開けて、そろりそろりと箸を置いて行く。
ざっと掴んで、どしゃっと入れても入った後の状態が変わるもんでもないのに。醤油の瓶とかも整頓してるんだけど、なんかゆっくりやってるんだよね、ちょっとズレてるのぱっと直せばいいだけの話なんだけど。

案の定「○○君、丁寧なのはいいんだけどさ、スピードも大事だから、結果同じだし。やんなきゃなんない事他にもあるから」とか言われてる。
で、それやってる内に、3人組が会計を済ませて店を出る。
会計した後、バイト君はまた瓶の整頓に戻る。速度も元に戻ってる(笑)

「○○君、先にそっち片付けないと」と、先輩。
三人組が帰った後の丼やらなんやらが放置してあるのね。

で、バイト君その三人組が居た席の辺りで、食べ終えた丼の前から動かないで考え込んでいる。

何をやっているのかと思ったら、器を重ねて組み合わせて要領よく一気に運ぼうと思ってるらしいんだけど、組み合わせが一気に運べる状態にならずに、考えては食器を重ね直したりしている。かなり真剣に。
つまり、要領よくやろうと思って考えちゃってるところが、すでに要領悪いのだ。

先輩がやって来て、適当に丼に湯のみとか突っ込んで運んで、また戻ってみそ汁の器を重ねてまた運んだりする。
「手に取ったのから適当に持って行った方が早いから」とか教えながら。

本人一生懸命だとは思うんだけどね。方向性がちょっと違う。まだ勝手が分からないってのもあるだろうけど、元々機敏にさっさとやるのが苦手な子なんじゃないかなと思う。

そういえば、オレも初めてバイトした時とか、あんな感じだったかな〜とか考えてみた。
まだ、マネキンをトラックから建物の中に運びまくるとか、ひたすら穴を掘りまくるっていうようなバイトの時はアレだったけど、初めて店員の仕事をした時は、結構アワアワしてたような気がする。

それで思い出したけど、店員のバイトを始めて間もない頃、とにかく店内ですれ違うお客様には必ず「いらっしゃいませ」と元気に声をかけろと何度も何度も何度も繰り返し繰り返し繰り返し叩き込まれていて、年末の忙しくてヘトヘトになった仕事帰りに公衆トイレから出る時に入って来た人に無意識に「いらっしゃいませ〜」と元気に声をかけた事があったな…

ま、最近でもコンビニで会計した時に「ごちそうさま〜」とか言う事あるけど(笑)。
それはまぁ、仕事に不慣れとかのアレではなくて、もっと違う何かが始まるお年頃だからだとおもうけどね。




スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |