fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

ライブの 写真を撮るということについて(とりとめなく長いよ)


んと、ちょっと前にSNSでもとある方と意見交換のようなことをしたんだけどね。
ライブ中の写真撮影について。

ま、事務所とかレコード会社に所属しているアーティストなんかだと、色んな権利問題なども絡んでくるから撮影禁止って事が多いかと思うけど、インディーズというか、特に所属もない個人で音楽活動している人だと特にそういう意味での撮影禁止というのはルールとして存在はしてないと思うんですよ。

本来であればどんな個人にも肖像権というのはあるだろうから、撮影するには許可が必要なんだろうけど。

で、自分の事はとりあえず置いておいて、色んな人のライブに訪れる方の気持ちというのはそれぞれなんで、写真を撮影する事を楽しみに来る方もいるだろうし、特にそういう目的ではなくても、楽しんだ事を記録に残したくて数枚撮影する方も居るだろうし、中には自分がステージを見て音楽を楽しみたい時に、周囲に撮影している方がいて、その動きや音やなんかの諸々を迷惑に感じる方もいると思うのね。

あくまでも、札幌やその周辺域で僕が実際に見ていたりする状況での話だけど、中には撮影した写真をアーティストに渡して喜んでもらうのが楽しみな人も居るし、もらって喜ぶアーティストやその写真をジャケットに採用したりする方も居る。

楽しかった報告としてSNSなどに写真が紹介されればそれはそれで宣伝効果があるかもしれないし。

でも、もしかしたら、あんまり撮影してないでその時の音楽を聴いてほしいと思っているアーティストも居るかもしれない。

なんというか、やっている側とすれば来てくれた皆さんに楽しんでいただきたい訳で、写真を撮影する事で楽しんでいただけるならそれでも良いし、けれど誰かが撮影している事で他のお客様が楽しめない気分、迷惑に感じているのならそれはそれで避けたいところだろう。

みんな自分を支持してくれている方なので、この辺に関してはなかなか当人から明確に撮影NGともOKとも案内しにくいところだと思う。

誰かのライブを見に行ったりするとさ、他の人におかまいなしで撮影場所を移動して回ったり、アングル決めるのに後ろに居る方の視界を遮ったりしていたり、あるいは大半の人がファインダー越しにステージを見ているような、全然その場にいる意味を感じられないような光景があったりする。

写真撮影する人に集中を乱されて楽しめなっかたとか、不快だったという書き込みを見つける事もある。
あるいは、写真撮影をご遠慮くださいというアナウンスのあったライブの時に、ライブを見ずに帰ってしまった方もいたりする。

後ろで見ていると、撮影の時のファインダーの光があちこちで光っていると、会場の雰囲気と言うかアーティストがせっかく作っている空気や演出効果みたいなものを阻害しているなと感じる事もある。
これはある東京のアーティストに帯同していたマネージャーさんが言っていたのだが、ライブ中に客席で自由に撮影するという事が東京ではおおよそ考えられないことなんだそうだ。
周囲のお客さんの気分を害したり(客同士のトラブルにも発展しかねない)、また前述のように「空気を乱す要因」になるからということで、権利云々の問題ではないらしい。
基本的にはライブを見る時のマナーとして暗黙のうちに写真は御法度となっているようだ。


ま、札幌でも僕の知る限り、撮影している方もそれぞれで、他の方の迷惑にならないように会場の一番後ろで撮影したり、それこそ空気を乱さないように配慮しながら撮影している方もいらっしゃる。

出演者同士でお互いの演奏風景撮影してブログやSNSで紹介してる場合もあるしね。

本来は誰かを撮影スタッフとして手配できればいいのだろうが、なかなかそうもいかないアーティスト側として自分の記録のために誰かが撮影してくれている事がありがたいって事もあるだろう。

という事で、どうするがいいかというのは正直よく分からない。
というか、僕には「こうすればいい」という意見はない。

基本的にマナーの問題だと思うし、ライブの内容によっても都度状況は違うので、一概に「撮影はダメ」とも「自由に撮影すべき」とも言えないし。まぁライブによっては「一定のルールを設けて撮影者に従ってもらう」って形がいいかもしれないなぁとは漠然と思うけど。
主催する側でガイドラインを提示すれば、もちろん色んなお客様に考慮したルールになるはずなんで、撮影を迷惑と感じる人にも納得していただけるだろうし、ルールを踏み出した方は撮影を控えていただくというのも案内しやすくなる。ただまぁ、それを誰がチェックするのかって話になるよね。

「撮影禁止」って会場があってもいいし、逆に「撮影歓迎」というところがあってもいいと思う。「ウチに出てもらう時は写真獲られますよ」とか「写真は撮らせないよ」とかって前提があれば出演側も来る人も「あそこでやるなら行くのやめとこう」とか「あそこは出演しないどこう」とか判断しやすいし。
少なくとも「本日撮影禁止ライブ」とか「撮影できるライブ企画」とかは作れるかな?
あとは、グレイトフルデッドがやってるみたいに録音や撮影が許可されたエリアを設けるってのも面白いかなと思う。



さて、あえてまとまりなく色々かいてますが、僕自身の撮影というか記録にかんしての話を。

まず、僕が客であった場合。
プロ、アマ問わずまず写真を撮るとか録音するとか考えてない。
若い頃にあるアーティストのオールナイトイベントに行った時に、かなり記念碑的なライブだったこともあり、録音しとこうと思って静岡までわざわざラジカセを持って行って、カセットテープを何巻も用意したんだけど、結局開始直前に録音スイッチ押しただけで、放置(で、その音が入ってたはずのテープを入れっぱなしのまま終了後にラジカセ入れてたバッグに腰掛けたら録音スイッチを押したらしく、ライブは一音も記録されてなかった)。
今目の前で起こっている事を味わう事に夢中で、時間を気にしてテープを入れ替えるとかに気が回らなくなってた。
「そんな事やってる場合じゃない」って気分。

写真もまたしかりで、どちらかというとせっかくライブの現場に居るのなら、その時間をしっかり味わいたい。記録の為にその場を味わうことを中途半端にして後からその記録見てもあんまり大切にもならない気がするのです。
それこそ、音楽やその場の空気を楽しみに行くもので。
あくまで僕自身はね。

札幌の音楽人のはたまに本人から頼まれて写真獲ったりするけど、自分では自発的にはやらないな。
以前に、たまに撮影した写真とか公開してたけど、あれは客というよりライターのお仕事で取材しに行った時に撮影したもののおこぼれを掲載してた。
その時は事前に取材の許可を取って足を運んでるので、気持ちが客モードじゃない場合がほとんど。

そして、自分が出演する立場になった場合は、正直、撮影の是非が問われるようなレベルでライブやってないしね(笑)。現状、少なくとも僕のライブで撮影している方は、確認できる限り皆さん、他の方への配慮をしてくれていると思う。
だいたい、僕を撮影しようという人がまずほとんどいない(笑)。そういうスタンスではないからな。撮影したいと思われるような存在目指してないし。

撮影者が多くて集中がそがれるって状況もないし。

だから、誰かが撮影した写真をいただけばありがたくちょうだいするし、ライブに来なかった人たちに雰囲気紹介する為に使わせていただいたりもする。
誰かのブログやSNSの書き込みで、写真が出ていて「ライブ良かった」なんて書かれてたら嬉しいし。
なので、僕のステージに関しては会場の規制がない限り好きにやってください。もしステージから見て「これはいかがなものか」と思われるような事があればその場で言うだろうし。

他の人の迷惑になっていなければ何やってても構わない。
ただ、歌は聴いてほしいけどね(笑)。

きれいごとを言えば、僕自身がそうだったように、撮影や録音をするつもりで来てた人にソレを忘れさせるぐらいのステージができればカッコイイよね。

ということで、結論めいた意見はなーんにもないんだけど、札幌の音楽人のライブ中の撮影に関して色んな話を見聞きするもんで、現状での僕の思い浮かんだ事をとりあえず並べ立ててみました。















スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |