fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

あの頃は時々振り向くだけにして(『僕らの時代』 by オフコース)


入院中はできなかったやつね。

YouTubeから映像を拝借しての音楽話。

なので、携帯電話などの一部機器では映像見れないと思うけど、その辺はご了承を。

退院後に色々やんなきゃならんくてPC使っていてちょっと気になって検索してたらオフコースのものを色々発見。

オフコース...

ラジオっ子だった僕はソレがオフコースとは知らずに『眠れぬ夜』とか『ワインの匂い』とか色々聞いてたみたいだよね子供の頃。
大人気となるよりも以前からラジオでは結構流れてたような記憶がある。

ま、それは流れているから聴いてただけなんだけど『おっ?』と思ったのはやっぱりラジオだけど、『愛を止めないで』とか『風に吹かれて』がかなり頻繁に流れるようになった頃。たぶん中学生とか、そのあたり。
思春期の少年ながらに曲に「色っぽさ」みたいなものを感じてたんだと思うんだよね。深夜放送って当時はオールナイトニッポンの第二部の時間帯になると曲のニューリリースのCMでほとんどワンコーラス流れちゃってたりしてさ、『風に吹かれて』なんてCMだけで丸覚えしてた(笑)。
その頃からオフコースの名前と音が一致するようになる。

で、本格的に興味を持ったのは高校になってからで、その頃にはもう大ブレイクしてた。人気絶頂の最中に解散説が飛び交って、まぁ実際に解散する可能性もあったんだけど...。そんな頃だったな。
なんか女の子がキャーキャー言うグループって印象があったんでヒット曲くらいしか聴いてなかったんだけどさ。
その頃好きだった女の子もまたオフコースの大ファンで、要はその子と話がしたかったり共通の話題を持ちたくてレコード貸してもらったりしたのがきっかけ。まぁ当時のオフコースのイメージにふさわしいというかなんというか(笑)。

で、その音にびっくらこいて、色々マニアックに調べちゃったりして、結局その女の子とオフコースの話しても噛合わないという...
あちらは「小田さんがいかにステキか」がメインなワケですよ。こっちは「オフコースがいかにして今の音楽性を獲得したか」に関心があるんで、そりゃ無理だ。僕があの子にフラれたのはたぶんオフコースのせいだ。オレは悪くない。

さて、オフコース。

こんだけ色々変遷があるグループは日本では珍しいと思う。変わるときに解散するのが普通だもん。あとはアルフィーくらいか? 

最初は3人編成のコーラスグループで、その後一人抜けて今聴くと当時には珍しい(故に受けなかった)垢抜けしたフォークデュオみたくなって、そのままポップス色を強めていった。
これがその最後のあたりかな?
    ↓




そんで、その後ライブのサポートなんかやってた3人を正式メンバーにして5人編成となりバンドを目指す。そのころの本人たちテーマが「どうやったらバンドになるのか?」だったというから驚き。メジャーでプロでやってるのに「どうやったらバンドに」って、なんかすごくないか?

でもって、その試行錯誤の過程で大ブレイクして一気にスーパーバンドになるんだよね。
当時は悪い言い方をすると「女子供相手のグループ」みたいないわれ方してたけどさ、この全盛期の頃の音って今聴いても凄いよ。まだ当時は日本ではロックというと硬派な佇まいしてなきゃダメみたいな風潮があってさ、簡単な所でいうと歌詞の中で自分の好きな人は「オマエ」なんだ。「君」といってはいけない。それでとにかく力いっぱい演奏して叫ぶ。それがロックだった(笑)。

だからそういう余計な偏見みたいのが払拭された今の方が音楽的にちゃんと評価されるかもしれないね。歌詞だって欧米のロックバンドの歌詞の内容と言ってることは大して変わらない。

当時は自分も音のことなんてよく分かってなかったけど、今改めて当時のライブの音聴くと新たな発見がある。80年代初期の環境の中、大観衆を前にしたライブでこの演奏力とサウンドの質の高さというのは図抜けてたんじゃないかな? そんだけこだわってたんだと思う。
  ↓



そんで、この全盛期の最中に結成時からのメンバーが脱退をする事になって、解散するか続けるかかなり迷ったらしいけどね。残りのメンバーで活動再開。
で、80年代後半は当時台頭してきたデジタルサウンドを取り入れて、ライブでも打ち込みの音を多用するユニットみたいな形態にシフトしたという...
  ↓



デビューからメンバーも入れ替わり、音も「コーラスグループ→フォークポップデュオ→ロックバンド→デジタル化→解散」と変遷していって、その間ずーっと同じグループ名で継続していたという、サウンドも含めまるでウエストコーストあたりで60年代末から80年代後半にかけて活動してたグループの変遷みたいだ。

僕が一番好きな時代ってのは、ほとんどの人がそうかもしれないけど5人編成のバンド時代でね。こういうおおらかな音でスーパーバンドみたいなグループって最近見当たらない気がするんだけどね。出てきてほしいよね。

この変遷のどの時期にも「オレ、この時代ならこの曲が好きだよ」みたいのがあるのもなんか凄いな。
ちょっと一般的な有名曲からハズレたところに僕の好みがあるので、このような選曲でしたが。

最後に、僕が彼らの一番好きな時代の一番好きな曲がコレ。
昨日このライブ見つけて、今だからこそ鳥肌立った。
  ↓




















スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |