fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

入院35日目~ 一生勉強です




お見舞に漢字と理科のドリルをいただいた。
小学6年生対象のやつ。

小学校の時に限らず、高校卒業するまで、ドリルとか問題集とか参考書を使った記憶がない。

多分持ってたとは思うんだけどね。教科書開くことも殆どなかったから、ましてやドリルなんて・・・

と、いう事でドリル自体に興味津々。数ページずつやってみた。

漢字はまぁ問題ないんだが、自動変換に慣れちゃったせいか、画数の多い字は細かいところがあやふやになってるな。

理科は難しい…
やってる内に思い出してくる部分もあるんだが、気体の特徴とか化合したらどうなるとか日常で意識する必要に迫られないことは忘れてる・・・
いや、忘れたんだか最初から覚えてないんだかを忘れてるよな。何かそんなことをやってたなって記憶はあるんだけどね。

で、そんな記憶をたぐりよせてると、問題とは関係のない言葉がどんどん頭をよぎる。

『フレミングの右手の法則』
『右心房』
『直流・交流』
『過酸化水素』
『モホ面』
『目安箱』
『1840年アヘン戦争』
『四捨五入』
『市場のイドラ』
『カラカラ浴場』
などなど。

もう理科だの歴史、社会などいろんな教科ごちゃ混ぜでとにかく教科書に太字で記載されていた言葉がポンポン出てくるんだな。
それも、意味を伴わずただ言葉だけが…
要は教科書の太字でさえあれば『オッペケペ~』でも『ポンポコピー』でも何でもいいのだ。

多分、学校の勉強みたいのやることで、テスト前日の一夜漬けで丸暗記した言葉を収納してた回路が開いちゃったんだろう。

それにしても、ずーっと使っていないのに今になっても出てくるこうした言葉、無理矢理詰め込んで臨んだテストの時間には何故思い出せなかったのだろう?


あ、ところで、明日4日から6日までの3日間、ワタクシちと御面会に対応できなくなります。
もし見舞いにでも行ってやろうかなどと思ってた方がいらっしゃいましたら、恐縮ですがまた日を改めて、日曜日以降にお越しいただけると幸いです。

何卒ご了承くださいませ。

スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |