fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

入院34日目~ 重き荷を負いて(by 中島みゆき)



前からリハビリの先生に「もう少ししたら果汁30%で・・・」なんて言われてたんで、ジュースでも飲ませてくれるのかと思ってたら「加重30%」だった。

松葉杖で歩く時に、体重の約30%を折れた右足で支えて歩くという事らしい。

今までは右足は床に触れるだけだったんだけど、経過を見て、本日から解禁。

ようやく床に触れるのが多少スムーズにいくようになったかなってところで新たな試練である。

まず体重計を二台並べて、歩行機に掴まりつつ、片足ずつを各体重計に乗せて立つ。
その後、左の片足状態で立って体重を計り、その30%分を右の体重計の目盛りを確認しながら徐々に右足に体重移動・・・

まだ足首硬いしね。筋肉をはじめ、色んなものがなく、腱が突っ張った右足にはクッションが効かないので、もの凄い負荷がかかる。
平たく言うと、痛い。

でも、骨的な痛さではなくて筋的及び皮膚的な痛さなので、これはこうやって徐々にやってくしかないんだな。

で、加重30%が大体どのくらいなのかの感触を掴んだところで松葉杖で歩行。

まだ自分で思うように足首動かないのね。
なので、踵からではなく爪先のほうから体重が乗る。
いや、痛い。
さっきも書いたけど、本来クッションの働きすべきものが何も役に立たんので、痛いのよ。

痛さとバランスが崩れそうになるので、恐怖です。
歩くの怖い。

フロア一周でグッタリ…

ま、でも最初に足着けて歩いた時もこんな感じだったので、明日は多少慣れるだろう。

という事で、暇さえあれば足首のストレッチと足の裏のマッサージをしている。
暇さえあればというより、暇しかないようなもんだけど(笑)





スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |