fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

君が主役だ!

やー、昨夜は本当にヤバかった。

帰りに中島公園のベンチでちと休憩したが最後、もの凄い睡魔に襲われてあやうく外で寝てしまうところだった。昨日はそのベンチで日記を書いていたのだけどね、書きながら何度もウトウトしてしまい、身の危険を感じてフラフラしながら歩き出したはいいが記憶は途中でプッツリ途切れておる。
なんせ歩きながら寝てしまいそうだったのだ。

で、明け方に目が覚めたらちゃんと自分の部屋で倒れてた(笑)。酒も飲まないのに酔っ払いのような…
なんでそこまで眠たかったんだろ?

そんなワケで、まだ起きているうちに撮影した出演者の集合写真。

DSC09735.jpg

見に来てたぶるむんさんが撮影して送ってくれた。ありがとうございます。
後ろに立っている3人が出演者。

で、主役のように真ん中前方におるのが、マナブ君がボーカルを努めるバンド『Suite』のリーダーでありギタリスト。昨日は、初の弾き語りを精一杯こなしたマナブ君にアンコールがかかって、それ以上弾き語りの用意もないもので、リーダーを呼び寄せて、彼のギターで一曲バンドのオリジナルを披露。バンドのファンの方もたくさん来ていたので喜ばれたのではないかと。

リーダー、マナブ君が新しい事にトライしている姿を見たのがよっぽどうれしかったらしく、マナブ君によると今まで見たことがないくらい、完膚なきまでにベロンベロンに酔っ払い、ご機嫌であった。

マナブ君の弾き語りについてエンドレスというか、セリフがループ状態で同じ事を繰り返し、熱く語り続ける。誰かが話題を変えようと話を振ってもいつの間にか同じ話に戻る(笑)。

僕自身も、こんだけ気分良く酔っ払っている人を見るのは久しぶりだった(笑)。楽しいお酒ならシラフで付き合っても楽しいもんだ。

そんなワケで、終わってみれば写真同様、ある意味リーダーが主役のライブだったかのような印象である(笑)








スポンサーサイト



未分類 |

抗えない睡魔が・・・


マナブ君の初弾き語りライブ終了。

自分のステージは何が起こったんだかというくらい曲のテンポがいつもと違うという珍しい事態に陥ったんだが、お客様が暖かい感じで気分良くやらせていただきました。

多分他の方の緊張したような空気に引っ張られてしまったんだと思う。まだまだだな…

とか、他にも色々と反省点はありつつ、それでも楽しかったね。


~ セットリスト ~

理由はいらない

ソファー
素敵な君の歌
座右の銘


で、マナブ君。
ボーカリストとしてステージ自体には慣れている人なんで、緊張は伝わるけどグダグダ感はなかった。
ギターを始めて一年経過というところだが、曲を止めることもなく、人柄が感じられる歌と演奏であった。
で、今物凄い睡魔が来ておる。
起きてる間に帰らねば。続きはまた次回。





未分類 |
| HOME |