fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

何処へ往こうと何があろうとやがては辿り着く(『風来坊恋歌』 by 自分)


起きたらルス電にオッサンの歌声で「ハッピーバースデー」が吹き込まれていたので二度寝したのだが、目覚めてから溜まっていた疲れが押し寄せたのか体が重く、頭が働かない。あの歌はある種の呪術かもしれんな(笑)。

目覚めてからボチボチとメロウデュのインストアライブを聴きに音楽処へ。久々に石川さんの顔も見れてよかった。

師匠とは延び延びになっている(僕のせいなんだが)話をちょいとさせて頂いて、ちと動く気持ちになって来た。誕生日ライブでちょこっと活発になったというか、邪気が払われたような感じになった今だから言うけど、正直この数ヶ月は動くに動けない状態であったのです。いや、環境ではなくて気分がね。

それで引きこもるような感じで曲を書いたりしてたんだけどさ、気持ち的にアレコレと動き回りたいのに、気持ちのもう一方がついてこれないみたいな状態で、自分が一番しんどいんですわ。そういう時期はこれまでも何度もあったし、時間が経てばまた回り始めるのも分かってはいるんだけどね。だから無理に動こうとせずにおとなしくしてようとは考えるのだが、そう上手に気持ちの整理ができるもんでもないからねぇ。

正直、回り始めるための「もう一押し」を待っている状態なんだが、なんとなく周囲が活発になってきている。これはもう、「自分が動いていけば次の一押しがやってくるんだろうな」という感じがしてきたんだよね。コレね、このまま動かないと次の一押しが来ない。

おかげさまで、アイディアが枯渇した事は一度もないのでね、手をつけれるところから結果を予測せずに取り組もうかと思っている。
正直言って、やりたいことがこの人生では消化しきれないくらいあるのだが、実は具体的な形ではないが、この人生のひとつの締めくくりにしたいコンセプトアルバムのイメージはすでにあるのだ。
その世界を描く為にコレやってアレもやっといてという前提があって、そこに行きましたみたいなイメージがあってね。それを最近思い出した。

お付き合いのほど、よろしく。









スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |