fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

流浪Mind

一年が終わるらしい。

振り返ってみる。

ものすごく沢山の人と初めて出会った
そして沢山の人と再会し
帽子が去って石がやってきた
20本以上ライブした
そのうちの約半分がマンスリーで残りはすべてお誘いいただいてのライブ
50曲以上の曲を書き3本くらいの物語を書いた
精神のジェットコースターに乗り込んだ
至上の喜びと果てしない荒野
数限りない感情の洪水
見失い発見し見失った
どこへ行けば良いかわからなくなり
どこにも行きたくなくなりながら
行く先にあこがれた
すばらしい人たちに触れ
浅はかな行いをし
浅はかな人を知り
誰かの役に立てた
フォースの暗黒面が押し寄せてきた
僕とそっくりな人が至る所でいろんな人に発見され僕だと思われた(笑)
アレはなんだったんだろう?
ラーメンよりも蕎麦を選ぶようになった

まぁ、なんとなく激動の一年であった。

自分の役割がよく分からなくなってたかもしれない
現実的な事柄ではなく
なにか自分の腑に落ちていないと
停滞するタチである
ようやくいるべき状態に出くわした
好んでの場所ではないがそこにいる意味が腑に落ちた

実はね「もう、全部やめて引っ込んじゃおうかな」とか
何度も思っていた一年であった。
それがどういうわけか、いつもよりも沢山ライブに誘われ
いろんな企画をけしかけられ
いろんなお誘いを受け
いろんな相談までしてくれ
タイミングの良いメッセージが届けられ

多分、一人一人は意識しているわけじゃないだろうけど
小中学校時代の友達から長年付き合いのある友人知人
多くの音楽人、諸先輩、ご同輩に後輩
仕事で知り合った方々
僕を応援してくれている方々にお世話してくれている方々
みんなからよってたかって「引っ込むな!」と言われているような感じだった。

おかげでいつもよりアチコチでいろんな事をやってた(笑)
引っ込まずに済んだ。あの、気持ち的な意味でね。

ありがとうございます。




かつて誰かがフィルムの中でこんなセリフを言ってた
「僕は基本的にいつでもハッピーさ」

あぁ、こういう事だったのかな?



来年はね(もう明日からだけど)

もっと面白くなるよ

ぜひご一緒に



















スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |