fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

今週末は濃いっすな

そんで、今日はタニーからメールがあって、「携帯のメアドを教えろ」とのことだったので、ついでに14日の件とは別な用件を携帯からメールしてみた。この”別な件”に関しては来年になったら正式に御報告できるかと思う。多分。 

それはいいんだけど、その用件の返信に添付されてきた写真の意味がわからん。
わからんが、何の注釈もなく送ってきたということは、好きに使えということだと判断して、ここにUPしとこう。僕にはそれ以外の使い道を思いつけない。さらに、使ったところで何の意味もないのだが、そのへんは深く考えずに、「ちゃんと使った」という充足感を味わおうと思う。

それがコチラ
      ↓
image001.jpg

北海道のTV局HTBのマスコットキャラクター『onちゃん』に逆水平を入れるタニーである。
『onちゃん』は道外の方でも、『水曜どうでしょう』のファンの方ならなじみのキャラクターかもしれない。
それはいいんだが、こういう格闘技技を使って遊ぶ時、この年代の男はなぜ皆、顔つきにこころなしか猪木のエッセンスが加わるのだろう?


ところで、先日『MySpace』に自分のページを設けたのだが、同じサイトにページを持つもの同士、「フレンド登録」なるものができる。要するに相互リンクなわけだが、実際の知り合いを見つけたり、サイトで意気投合しそうな人と出会ったら、リンクして交流の輪を広げていきましょうということだ。
日本ではSNSでは『mixi』のほうが馴染みがあるだろうが、アレの「マイミク」と言うヤツと同じ。

ただ、MySpaceは、アメリカをはじめ、結構世界各地の登録者がいるし、メジャー、インディーズ問わず多くの音楽人がプロモーションを兼ねて登録しているので面白い。その話は前にもしたよね?
まぁ、メジャーの人とかは他の人が管理してるんだろうが、自分のフレンド欄にオノ・ヨーコとかヴァン・モリソンなんて人達がいるのは結構楽しい。当然相手のページにも、僕が友達の一人として紹介されてる(笑)。
で、僕はとりあえず自分の肝となる中でフレンド登録可能な数名のほかは、熱心な洋楽好き以外の方は知らないかもって感じの中から、昨今のお気に入りの人と登録している。それと、ワリと身近な札幌の音楽人と、ちょっと交流のある道外の音楽人。
みなさんそれぞれ、自分のページで曲が聴けるので、ぜひ皆さんにも聴いていただきたい音楽人という感じで登録をお願いしたので、聴いてみてね。

で、当然「フレンド登録」というのはコチラからお願いするばかりではなく、むこうからも来るワケだ「友達になってください」ってことで。
ハタ目からは分からないんだが、そういう人とも何人かリンクしている。全然知らないアメリカの人とかね。基本的に「来るものは拒まない」方針だ。
で、アチラの方は笑っちゃうくらい押しが強い。みんな自分の活動の宣伝がしたいんだろうが、コッチは日本人だってわかってるクセに平気でブロークンな英語でメッセージをよこす。公開されているもの以外にも、メール機能を使って送ってくる。最初から最後まで自分のPRだけが書かれている。
一応英語で返事を送ってみたら、通じてたみたいで驚いたが、その返信でさらに自分のPRをしてくる(笑)。 やっぱり、そのくらい押しが強くないといかんのかな? とも思う。

で、僕のほうから申し込んだダニエリア・コットンさんは、気を使って丁寧にも日本語でメッセージを送ってくれた。多分、スタッフだと思うが(笑)。恐らく翻訳ソフトか何かを使っていると思うが、たいへん微笑ましいメッセージで素敵だ。僕も英語で返信してみた。きっと向うも同じような感想を持つだろう。
とにかく意味は伝わるし、相手にわかるように伝えたいという気持ちが伝わるから、お互いに言語的に正しいとか間違いとかはどうでもいいだろう。コミュニケーションってのは、こうでないとな。







スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |