fc2ブログ

海月屋・辻正仁『短めでお願いします』

※各記事下の「拍手」クリックで辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                       

Tomomi崩壊寸前!

              ↑
けっして「ソフトオンデマンド」の新作タイトルではございません。

本日のラジオ「KurageYa本舗」は、準アシスタントのTomomiちゃんをメインにした『Tomomiスペシャル』をお届けしたのだが、ラジオでは非常に伝わりにくい形で、驚愕の番組となった。

まずは、先日の特番でもやった「深層心理テスト」をTomomiちゃんにもやってもらい、その後、通りすがりの占い師、樹さんのタロットで色んな事を占っていただき、それから先月に引き続きの「放置コーナー」で彼女にマイクをあずけ一人しゃべりをさせて、そんで番組を締めて終了。
の予定だったのだが、樹さんの占いというか、カウンセリングがいつもの事ながら核心を突きまくり、番組では控えたほうが良い事をCMや曲の間で指摘されまくり、Tomomiちゃんはうろたえまくり。僕自身も経験があるのだが、本当にバットの真芯で捉えた打球が、物凄いライナーとなってセンターバックスクリーンに飛び込んでいくがごとき衝撃なのである。
僕の時同様、Tomomiちゃんも変な汗をかいていたに違いない。
それで、動揺ぶりがかなりのものだったので、ひとりしゃべりのコーナーはやめにして、樹さんのカウンセリングをもう少し延長してみた。その分、来月は番組の半分をTomomiちゃんに仕切らせることにした(笑)。

tomomi.jpg
            ↑
この写真を撮った直後からTomomiは崩壊
しかける(笑)。無事に済んで何より。


どうも多分、Tomomiちゃんにとっては、そういうタイミングだったということなんだと思う。今日話題になった事をテーマとしてしばらくやるべきということなんだろうな。
実は、番組前に彼女と落ち合い、まったくの別件から流れで深い話をしたのだが、その時に彼女が語った自身の事、迷い、悩みなどと、樹さんの指摘がまるっきり一致していて、他人事ながら僕まで汗ばんでいたのだ(笑)。 まぁ、内容についてまで僕が語る立場にはないので省略するけど、テーマが明確になった以上、これで自分が一皮むけることができれば、彼女にとってはしめたもんだろう。 そして、その中で僕が果たす役割というのも明確になったような気がする。彼女からそんな話を聞く流れがあり、自分の番組でそれを再度確認する場面に立ち会うという事は、僕もまたそこに僕自身のための役割があるからなんだろう。少なくとも、僕はそのように考える人間である。
僕自身の事柄に関わってくれる人達の場合にも、勿論その人ならではの役割があるんだし。
こうしたことを簡単に言うと「ご縁」というんだろうね。

まぁ、ちょっと思いついてたことがあり、それをどうしようかと思ってたのだが、どういう弾みか今日の番組で僕のほうのスイッチがONになったようだ。

なにを言ってるのかは、またいずれ。今日は全てを謎めかせておく日である。

それにしても、樹さん凄すぎ(笑)。





スポンサーサイト



未分類 |
| HOME |