海月屋・辻の日々

※各記事下の「拍手」をクリックすると辻へのメッセージを書き込むことができます(非公開)                                        ※辻正仁の活動情報は【海月屋info】http://kurageyainfo.blog.fc2.com/をチェック!

あのね、わかんない奴もいるさって(「蕎麦屋」by 中島みゆき)


そんなに大きくない蕎麦屋にて蕎麦を食す。

客は他にもう一組先客がいるだけであった。

その先客の二人、どちらも張りのあるいい声をしていらっしゃって、聞く気がなくても会話が全て店内に響き渡っておる。

片方(A)はおそらく60歳くらいだと思う。もうすぐ定年とかいう話をしていた。
そしてもう一人(B)は70代の中頃だろうか。

話の感じからすると、この二人はかつて同じ会社で仕事をしていたか、あるいは同業の先輩後輩の間柄の模様で、Bはすでに引退しているのだが、「なんとかの会長」だとか「相談役」だとかなんとかをやっているらしい。
Aの方もそれなりに偉い方のようである。
そして何処と無く会話の端々から、両者とも羽振りのよい生活をしているようだ。

仕事の話やら、住まいの話やらが入り乱れていたのが耳に入ってきていたのだけれど、どうも話が噛み合っているんだかいないんだかわからない感じで会話が進行している模様。

蕎麦をすすりながらちょっと彼らの会話に注意を傾けてみる。

話題は二人の共通の知人であるCのことになっていた。なにかAとかつては仕事上の意見の食い違いなどもあり、感情的にもCの人間性だか道徳性だかを気に入っていなかったらしい。
でもちょっとしたきっかけがあって、AはCの人間性を見直し、共感または尊敬できるような出来事があったらしく、Cに対してこれまで誤解があったかも知れないというような事を、先輩であるBに伝えたいようだ。
ここから会話を記憶に従って書き記してみよう。

A「で、ですねその時にCさんの話を聞いて、ワタシ感心したんですよ」
B「う〜ん」
A「もともとワタシのCさんの印象っていうのが、Cさんはベンツに乗っていて…」
B「ポルシェだよ」
A「いえ、ベンツです。その前はそうです、ポルシェでした」
B「ポルシェに乗ってたんだよ、ポルシェ。あれはディーラーからかなりサービス受けたんだ」
A「そうですね。確かAさんの同じディーラーでしたよね?(ここで、先輩に気を使ってか、それた話に乗っかる)」
B「Cはポルシェの前はなんだったかなぁ」
A「いや、そうですねわからないけど、今はベンツに乗ってるんです。それで…」
B「ベンツなんか乗ってたら駐車場代金も高くつくだろう」
A「マンションのですか? いや、同じでしょう。 それで、ベンツに乗ってるんですけどね…」
B「いや、高級車になると違うぞ。オレが前に、あの…なんだスェーデンの…ベンツじゃなくて…」
A「ボルボですか?」
B「そうだボルボだ。その後でベンツだ。」
A「はい。私は今度ボルボにしようかと… それで、あの、Cさんがですね、以前は…」
B「この前、ウチの駐車場でな、クラウン乗ってる人がミラー壊れてたんだ」
A「…はい…」
B「それで管理人と大げんかになって…。管理人っていうか、去年の暮れにウチのマンションの管理してる会社でちょっとミスがあって」
A「ええ」
B「君のところは除雪はどうなってるんだ?」
A「いや、もうウチは降ったらすぐ業者が来てるみたいですよ」
B「ウチもそうなんが、玄関の階段のところが凍るんだ。ああいうのはロードヒーティングみたいなものがないとダメだな」
A「はい、歩くのがちょっと怖いですよね」
B「もう、歩道でもなんでも凍ってひどいだろう。若い時はいいんだ。もう年寄りになってくるとおっかなびっくり歩かなきゃならん。」
A「そうですね…。で、ですね。Cさんが…」
B「もう大きな道くらいは市が助成してロードヒーティングにしないと」
A「以前一回やめちゃいましたよね」
B「この前、流氷のところ走るあの、なんたっけ? 船の…」
A「はぁ...砕氷船ですか?」
B「網走かアレは? 根室か? 釧路の方でな…ちょっとトイレ行ってくるわ」

と、ここでB氏がトイレに立ち、店内がしーんと静まる。
そしてしばらくすると
「ハァ〜〜〜〜〜」
というAさんの深いため息の音が。

蕎麦をむせたぞ。

いやいや、どうもBさんは口に発したワードから頭の中で連想した事を次々に声に出し、そのワードでまた次の連想を引き起こしている模様で、Cさんの人間性の話は、「彼がベンツに乗っている」ところから一向に進まない。大渋滞(笑)。

本当は、紹介した会話もまだいくつもの分岐点があるんだが、とにかく先輩たるB氏は自分のペースで連想ゲームを繰り返し、後輩のA氏はBさんに伝えたい話があるにも関わらず、先輩を気遣って脱線した話に乗って、そのあとで軌道修正を試みるのだが、軌道はひたすらにそれていく。

どうも聞き耳を立てる前に会話が噛み合ってなさそうな気配だったのは、コレだろう。もうオレが来る前からずっと。

Bさんが戻って来るあたりでオレは店を出て来たんだけどね、Aさんは果たしてCさんの事を伝えられたであろうか?
伝えたとしても、Bさんは絶対にちゃんと覚えてないと思うぞ。










スポンサーサイト
未分類 |

何を見つけたんだっけ?



ようやく春の日差しが訪れたかと思うと、また積雪。そしてその雪が溶けて道がグチャグチャ…。

毎年の事ではあるが、慣れない。というか、うっとおしくて煩わしい。
「一回溶けてなくなったら、スムーズに春になれよ」と毎年思わずにいられない。

しかしだ。

今日、ふと道端で熱心にグチャグチャに溶けてシャーベット状になった雪を踏みつけたり、水たまりに落とし込んで溶けた水が流れるのを堰き止めて遊んでいる男の子を見かけたのね。

一人で、ほとんど無我の境地に達してるんではないかというくらい黙々と、粛々と足で雪を移動させ、流れをじっと見つめている(のをじっと見つめている自分に気がついて、「この御時世、側から見てるとかなり怪しいオヤジだな」と思い、慌てて立ち去った)。

おそらく彼は、この状況にうっとおしさを感じてはいない。多少歩きにくいとは思ってたりするかも知れないが、きっと彼の中でこのタイミングにしか見られない新鮮な発見があって、当初の煩わしさなんて消え去っているだろう。

多分、自分も彼の年齢の頃にはこんな季節も面白かった筈だ。
というか、アレは自分が子供の頃にやってたことそのまんまだ。
学校の帰りとかに家まで5分くらいの道のりだったにも関わらず、車の轍に溜まった水に雪を蹴り込んで溶けてゆく様を眺めてたりした。
道端で排水口に流れ込む小川と化した水の流れが描き出し、刻々と変化していく水の模様を飽きもせずに見つめて、帰り道が30分以上になったもんだ。

なのにいつから、なぜこの状況に煩わしさを感じるようになったのだろう?

あの情景に飽きたというのでもないと思う。

今でも夏などには川原まで出かけて川の流れを眺めている事だってあるのだ。
ただ、冬はダメだ。寒いとか歩きにくいとかの事情の方が勝ってしまう。

あの男の子はきっとオレがもう見つけられなくなってしまったものを、煩わしさを忘れて夢中になれる何かを感じているのだろうな。驚きや喜びや発見があるんだろうな。
そういう感受性はいつ、どこで、どうやって無くしていくのだろう?

まぁ、おっさんが一人でいつまでも水の流れに雪を蹴り込んでたら通報されるんだろうけどね(笑)。
やりたくてもそういう世間の目は気になるだろうな。
そういう意味では世間というのが雪解けよりも煩わしいかもしれない(笑)。

願わくば自分の中に、いにしえの子供時代に見つけたものが密かに息づいていますように。

少なくとも、この煩わしい時期もひとつの大切な時間である事は発見できたので良しとしよう。
















未分類 |

嬉しい驚き



チャック・ベリーのニューアルバムが発表される事になったのは先日お伝えしましたが…

発売は6月なんだけど、それに先駆けて所謂「リードトラック」というものが発表された。一昔前の「先行シングル」みたいなやつね。

早速聴いてみたんだが、びっくらこきました。

紛れもなくチャック・ベリー

カッチョイイ〜〜〜〜

じっとして聴いてられん。身体が揺れる。

もう、今すぐにでもストーンズがカバーするんじゃないかってな。
やっぱりロックンロールってのはオールディーズでもなんでもないよ。全然現代に有効なパワーがあるってのが証明されたよ。最近のスタジオ環境であればあの3コードのフォーマットがまったく古臭くない。
コレね、多分やってる方に「この懐かしのスタイル」みたいなノスタルジーとかないからなんだと思うんだよね。

コレを例えば20代そこそこの若いバンドが「ちょっと50年代の古いスタイルをやってみようか」とか「あの風味で」なんてことでやっても、こんなフレッシュなものにはならんのだろうなと思う。

90歳だろうと往年のスタイルだろうと「今をやる!」って事でやればこういうモンになるんだな。
っていうね、この人また指標を建てたんだよねきっと。返す返すも生きていて欲しかった。改めてそこだけ残念だ。

いや、前にも書いたけどさ
中身まったく期待してなかったのよ。もう新作をこの人がこの歳で出す事に意義があると思ってたから。
で、数年前のライブ映像とか観ても、もうグッダグダで本人はもう何やってんだか分からないようなアレだったから。
ステージ上でキーボードの人に、自分の曲の出だしの音とか聞いてるんだもん。
でもって、歌もなんかステージ袖から出てきたお付きの女性見たいのがほぼ代わりに歌っちゃってるんだもん。

とてもこんなご機嫌な音を出してくれるとは思ってなかった。

スタジオのマジックかもしらんが、でも先に述べた通り「今をやる」ってのがもうイキイキしてるんだもん。そこはちゃんと聴き取りましたよ。

アルバム全部、早く聴きたいな。


Chuck.jpg





未分類 |

お知り合いで、ワタクシと連絡を取りたい方へのお知らせ(数年前の連絡先データが確認できない故)



そう言えばもう4、5年くらい前になるのかな?

骨折後のゴタゴタの中で立て続けに急遽携帯をキャリアごと変更する事になって、連絡先などのデータ移行がちょっと間に合わなかった部分がありまして。

諸々の業務だとか、その時点でやり取りが日常的に行われていた方々のを優先的にやって、当時あまりやり取りしていなかった方などは追々連絡先のデータを移行していけば良いと思ってたんだが、いきなり以前使っていた機器が壊れまして。

キャリア変更したもんだから修復もできずに、データが取り出せないってか、電源すら入らない状態になってしまった。

それからずっと放置していたんだけどさ。

ちょっと読み返したいメールのやり取りがあったので確認しようとして、そういえば使えなくなったんだって思い出した。

ん〜、久しぶりに「元気?」などとメールすることもできない方もいたりして。
で、もしかしたら、こちらに連絡したくてもできなくなっている方もいるかも知れないなと。

電話番号も変わっちゃってるしね。

中には、フェィスブックなどで再開してやり取りできる人もいるんだが、基本的に自分から着信拒否した方はいないので、もし僕と連絡を取りたいのに手段をなくしている方がいましたら、このブログの「拍手」ってやつをクリックするとメッセージ入れられるので、そこにお名前と連絡先など入れていただければと思います。
メッセージいただくだけだと、送信先がわからないようになってますので、何卒。

もしくは、Facebookで探して、メッセージいただければ。

もしそういう方がいればね。





未分類 |

今日のニュースから



チャック・ベリーのニューアルバムはリリースされるとの発表があった。
ん〜、とりあえず聴きたかったので良かったなとは思うし、多分何もないで発表されるよりも売れたりするんだろう。なんか切ない話だけど。

でもね〜、やっぱり元気でいてくれた上で、ロックンロールを創り上げた人の90歳の作品を聴いて、もう聴いてるだけで価値があるものだと感激しながら「ひでぇな、こりゃ。でも元気だなこのジジィ」みたいな感想を持ちたかったな。

ちょっとやっぱり、生きてる90歳のパイオニアが発表するのと、パイオニアの没後に出された遺作として聴くのでは意味合いが違っちゃうからね…。

できるだけノスタルジックにではなく、「あのジジィ」の新作として聴くようにがんばろう。








未分類 |

一瞬の…



裏参道でふっとね

すれ違ったんですよ

気づいた瞬間には過ぎ去っていったけど

なんと言うのだろう? 視覚や聴覚みたいなものよりも先に「直感」みたいなものが反応してた

どれだけ時間が経っていても変わらないものが自分の中にセットされているんだなと…

切ないような暖かいような

その瞬間に季節が変わったようだ




未分類 |

「オレは死なないから関係ねぇ」


今朝、チャック・ベリーが亡くなったとのニュースが入った。
これを書いている時点で死因は発表されていないが、90歳だからね…。死なないと思ってたけど、うん、ま〜ね。


最近だとご存知ない方も多いのかも知れないが、「ロックンロール」と呼ばれる音楽を生み出した最重要人物の一人である。今のロックミュージックの礎を築いた人だね。

エルヴィス・プレスリーとチャック・ベリーの対比の中でロックンロールの成り立ちを語る持論があるのだが、それを語り出すと大長編になるので、またいつかの機会に。
とりあえず、今回は彼の功績を簡潔に表現しているジョン・レノンの発言を紹介しておこう。
曰く「ロックンロールに別の名前を付けるとしたら、それはチャック・ベリーだ」


僕がチャック・ベリーを意識して聞いたのは、ビートルズやストーンズのメンバーが子供の頃に夢中になってたのがチャック・ベリーで、初期のレコードでは2組ともチャックの曲をカバーしてたりしたからだ。
でも、あのロックンロールのリズムは馴染み深いものであった。「ズンチャッ、ズンチャッ、ズ〜ンズチャッ、ズンチャッ」ね。
当時は歌謡曲にもロックにもまだこのリズムの基本が手に取るように現れている曲がいくらでもあったので、ほとんど知識がなかったけれど「あ〜コレを最初にやった人なんだ」というのは瞬時に理解できた。

ノリがいいし単純だし高揚感がある。シャウト気味に歌う声には楽天的な響きと稲妻みたいなエネルギーが充満していた。
簡単に言えば「ゴキゲン」な音楽。

僕がチャック・ベリーをはじめとする50年代(ビートルズ以前の)ロックンロールを聴き始めたのと前後して、ちょうどPARCOのCMにチャック・ベリーが登場して、あの「ダックウォーク」という、ギターを弾きながら体を屈めて片足を前に突き出し、もう片方の足でピョンピョン飛び跳ねながらステージを移動するパフォーマンスをブラウン管ごしに観た。ユーモラスでカッコ良い。
僭越ながら、僕がたまにステージで演奏しながら片足を軸にしてクルクル回転するのを思いついたのは、この「ダックウォーク」が頭のどっかにあったからだろう。

CM登場のすぐ後に来日があって、その後「ヘイル・ヘイル・ロックンロール」というチャックの半生を扱った映画が公開だったかな?
ちょっと順序が定かではないが、いずれにしてもタイミングの良い時期にチャック・ベリーに触れたんだなと思う。

その映画
「ヘイル・ヘイル・ロックンロール」はチャックが60歳辺りの頃に公開されたと記憶しているが、彼の半生を辿りながら、キース・リチャーズがリーダーを務めるバンドをバックにゲストを交えつつのライブを行うのがハイライトで、そのリハーサル風景も収められている。

僕がチャック・ベリーに関して一番強く印象に残ってるのは「あのキースを疲弊させる人物」というものだ。

映像を確認していないので記憶で語るが(そんなに間違ってはいないハズ)、リハーサルでもなかなかキチンと段取り通りにやろうとしない(いわば「まともに演奏しない」)チャックに業を煮やしたキースが「コレは記録されるからアンタが死んだ後にも残るんだぞ!」と言う。
そこでチャックが「オレは死なないから関係ねぇ」とニヤリ。

爆笑しながらシビレた。

本番のステージでもチャックは曲の途中で一人勝手に転調し、バックを務めるキース以下錚々たるミュージシャンが狼狽える様を愉快そうに眺める。
本当に「オレには関係ねぇ」って感じで楽しんでやがる。

2、3年前まではライブもやっており映像を観ると、もう演奏グダグダなんだけど客席は盛り上がっている。なんかもうそこにチャック・ベリーがいてロックンロールがあるってだけで満足なんだと思う。その気持ちはよく分かる。
そういうところまで行っちゃってる人なのね。

昨年の後半には「2017年にニューアルバムを出す」との発表があった。
すごく楽しみにしていたのに、残念だ。
何人かの音楽好きとは「もう、中身の出来なんて関係なく、出るだけで凄いよな」なんて言い合っていた。
繰り返しになるが、そういうところまで行っちゃってた人なんである。

そんな風にこちらを盛り上げといてスカすのも、まぁ彼らしいと言えば彼らしいのかも知れないけれど。
まるで、演奏が盛り上がってきたところで勝手に転調して、慌てふためく周囲を見てニヤニヤしているような…

ベテランの大物音楽人から僕と同じようなそこらの音楽好きまで、次々と哀悼の意がネット上に書き込まれてるけど、そんな様子を眺めながらチャック・ベリーは死んでもなお「オレは死なないから関係ねぇ」って言ってる気がする。

そして、それはある意味で本当だよな。

Rock'n'Roll !!










未分類 |

10年近くやってて新たな発見







未分類 |

野次馬的探求心



興味の赴くままに、広く浅くいろんなことを調べたり(というと甚だ大袈裟なんだが)している。

まぁ、大体は普段の生活において何の役にも立たないことです。昔からなぜかそういうものに興味を惹かれるので仕方ない。
だから、車好きな人がいろんな車の性能を調べたり、グルメな方が美味しい店だの料理だのの情報を収集とかしてるのと同じなんだと思うけど、こっちはそういう時間に「現生人類が世界に拡散した足取り」だとか「縄文人がどうしたこうした」とか「ひも宇宙理論」とかいうのをアレしてる訳です。

で、まぁ車ならその知識というか情報使っていい車や自分向きの車を手にしたり、グルメさんなら美味しい食生活を過ごしたりできるんだろうけど、現生人類の足取りについて情報を得たところで自分の家までの近道が見つかるものでもないし、縄文土器でご飯を炊いているわけでもないのね。
そういう意味で、生活の役に立たない事にばかり惹かれる。
でも自分にとっては、これは結構な娯楽である。

それでさ。結構バラバラに調べてるというか見聞きしている事で、ちょっと繋がりを見つける事があると面白いんだよね。

んと、昨今では量子論と仏教なんかの曼荼羅思想に共通点があるとかは結構良く知られた話だけど、そんな感じの。

んで、細かな事書くとエラい長さになるんでやめるけど、DNA解析で人類がアフリカを出て辿った道のりとか調べてく話と、折口信夫の論文で「常世」というもについて書いた一節(正確に記すと、自分が確認したのはそのことについて中沢新一さんが解説してるもの)が、本人たちまったくそういうつもりないだろうけど、不思議な一致をしてたりするのね。

あと、「般若心経」の意味を調べてみた時に、まるっきりビートルズの「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」の歌詞じゃんって感じたりとかさ。

そこで最近考えたんだけど、自分がなんでこういうバラバラなものに興味持ってるんだろうってのが、実は何か一つのものに興味があって、それを知りたいんじゃないかって。で、それが何か自分でもわからんのだけど(笑)。

だから今興味持ってるいろんなもんが情報共有できてなにがしかのものが起ち上がってきたら、「ソレです!」って言えるんじゃないかなと。

そういうわけで、いろんな事を考えたり研究したりしてるみなさん、がんばってください。






未分類 |

The Lost World(by Arthur Conan Doyle)


ここのところ連日、夢の中に同じ場所が出てくる。

昔よく行った場所なんだが、少なくとももう10年以上は行ってない。行ってないってよりは、もうなくなってるんだけどね。

話の内容とかシュチエーションはまったく違うのだが、場所は必ずそこなんである。
で、夢の中で「またここだよ」とか思ってる。

厳密に言えば、その場所が妙に拡張されてたり、その場所の隅っこだったり、その場所周辺の景色だったりもするんだが…。

こういうのって夢占いとかであるんだろうか?
「昔馴染みで、今はもう存在しない場所の夢」とかってのは。

特に愛着を感じてたってわけでもないのにね。

で、毎回目覚めて「どうなってるか見に行こうかな?」とか思っては、「あ、もうないんだった」ってとっから1日が始まる。これで何かの弾みにそこに行っちゃったりできたら村上春樹に報告しよう。









未分類 |
| HOME | NEXT